乃木坂46の「まいやん」こと白石麻衣、紅白歌合戦で卒業発表!?

   

本日NHKより「令和初の紅白」となる大晦日に行われる第70回紅白歌合戦の出場歌手が歌う曲目が発表されました。

私が注目したのは乃木坂46が歌う「シンクロニシティ」です。

その年にヒットした楽曲を歌うのが本来ですが、
その点では姉妹グループである欅坂46が「不協和音」、公式ライバルであるAKB48が「恋するフォーチュンクッキー」と
共に今年のヒット曲では無く乃木坂46の「シンクロニシティ」が特筆すべき点ではありません。

私が注目したのは各楽曲を選んだ意味。

まずAKB48は指原莉乃さんの卒業や選抜総選挙の中止などで一般的な人気は低迷した一年でした。
今年の代表曲「サステナブル」の世間一般への浸透度を考えると「恋するフォーチュンクッキー」をNHKが選んだのも
ファンとしては残念ですが頷けます。

欅坂46は今年発売した楽曲は「黒い羊」のみとなってしまいました。
私も本年を代表する名曲だとは思いますが紅白という”お祭り”には不向き。
2年前の紅白での過呼吸騒動や内村光良さんが今年も総合司会であることからNHKが「不協和音」を選んだのも頷けます。

そして乃木坂46が歌うのは「シンクロニシティ」。
今年も人気が爆発し、「夜明けまで強がらなくてもいい」「Sing Out!」と今年の代表曲が有るにも関わらず敢えて「シンクロニシティ」を選ぶ程の楽曲自体の一般的な浸透度が有るかと問われると疑問です。
そうなると次に考えられるのは今年の紅白で「シンクロニシティ」を歌う別の意味。

「シンクロニシティ」は生駒里奈さんの卒業シングルでありながら、まいやんこと白石麻衣さんがセンターを努めた楽曲です。
そして今年の紅白で「シンクロニシティ」と共にまいやんが卒業を発表する・・

かつて絶頂期のAKB48の大島優子さんが「ヘビーローテーション」と共に卒業を発表しました。

そして今年。
絶頂期を迎えている乃木坂46の白石麻衣さんが「シンクロニシティ」と共に卒業を発表・・

ファンとしてはそうなって欲しくはありませんが大晦日までモヤモヤしそうです。

(株)もしも 販売店
頑張る店長・小林がお届けします!


会社概要  お買い物の流れ 支払い・配送について キャンセル・返品について

お客様に安心してお買い物を楽しんでいただけるお店を心がけております。
anatatojp@gmail.com までお気づきの点がございましたらお知らせください。

 - エンタメ , , , , , , ,

Translate »